MENU

太股の裏がつる原因と対処法

スポンサーリンク

太股の裏がつってしまう原因の一つは運動不足ですが、日ごろ運動をしていない人がいきなり激しい運動を始めると太股がつることがあります。
また、骨盤のずれや水分不足も原因の場合もあるのでその対処法と予防法は知識として知っておきましょう。
まず、運動不足の場合は普段使っていない筋肉を急に動かすために筋肉がついていけずに太股の裏がつってしまうそうです。
これは筋肉の疲労や低下も同じ原因で起こります。
対処法としてはつってしまった部分をゆっくり伸ばし筋肉を伸ばします。
太股の場合はマッサージで筋肉をほぐすことも重要です。
こうすることにより筋肉をほぐし、血行を改善させて筋肉に足りなかった水分などがいきわたることで痛みが引いていきます。
それからストレッチも有効です。
ゆっくりと収縮してしまった筋肉を伸ばしましょう。
また予防策としてはクエン酸をとることが有効とされています。
クエン酸は筋肉を動かす際の手助けをし、筋肉をスムーズに伸び縮みさせる効果がありこむら返りや太股がつるのを予防することができます。

スポンサーリンク

一言に太股の裏の痛みといってもいろいろな症状や痛みの度合いが違います。
常に激痛が起こる、激痛ではないけど痛みがある、ふともものうらがよくつるなどさまざまです。
原因も様々で神経が原因の痛みだったり、スポーツのし過ぎによる肉離れや筋肉疲労が原因だったり、体のゆがみが原因だったり、筋肉の緊張や風邪などで痛みを感じる場合もあるそうです。
それぞれの対処法としては神経や運動不足が原因ならストレッチをして筋肉を伸ばして血行を良くしたり、運動をして筋肉をつけたりすることで改善がみられるそうです。
スポーツのし過ぎによる肉離れの場合は無理に動かさず負担をかけないようにして自然に治るのを待ちます。
この際温めて血行を良くするのも有効です。
緊張も筋肉に負荷をかけすぎるのが原因なので準備運動や運動後のクールダウンをしっかり行うことで疲労がたまりにくくなり筋肉が固くなりにくくなります。
風邪のときはウイルスを外に追い出すためにふとももの裏がいたくなります。
無理をせずゆっくり休みましょう。
お風呂で骨盤を温めると痛みの軽減に効果的です。
痛みににもいろいろな場合がありますので痛みがひどく長く続くようなら自己診断せずに病院に行きましょう。

スポンサーリンク