MENU

筋肉痛を緩和させる太股のストレッチ

スポンサーリンク

姿勢や歩き方によっても筋肉太りは引き起こりやすく、女性の場合には骨盤が開くことにより下半身太りに陥りやすく、運動によるダイエットが展開されています。
無酸素運動や下半身をアクティブに動かすことによって、最も大きな筋肉である太股がダメージを受け、筋肉痛を引き起こしてしまいます。
筋肉痛に陥るのはデメリットではなく、筋繊維が強く・太く再生するための流れで発生するため、筋肉を付けたい場合、筋肉痛はトレーニングの質やレベルの目安にも繋がっています。
しかしながら、痛みが引き金となり、炎症や歩行が困難になるダメージを引き起こすケースもあるため、アクティブに活動する前後でストレッチを入れることは重要です。
ハードなウエイトトレーニングのみならず、散歩程度のウォーキングや浮力のある水泳などにおいてもストレッチは重要な意味をもちます。
また、高齢者にとってのスロートレーニングなどでも関節痛などに繋げない対策として有効的です。

スポンサーリンク

女性の場合、運動によるダイエットと同時にストレッチ効果までが得られるのが、ヨガやピラティスなどの柔軟性を高める運動です。
下半身のブレを改善できる運動でもあり、スムーズな動き出しができる利点が挙げられます。
筋肉痛は血行を促進させることが緩和のポイントで、凝り固まった太股の筋肉をほぐして巡りを良くします。
血流が促されることにより、末端まで酸素がしっかり循環し、細胞が活性化するために代謝までがアップします。
反動をつける動的な動きは、運動する前に筋肉を温める目的で行うのが適しており、逆に静的ストレッチは筋肉をほぐす目的で運動後、時間をかけて行うのが特徴です。
さらに太股だけではなく全身を温めたりほぐすことが重要で、ふくらはぎや背中など、他の部位を傷めないためのポイントです。
特に意識すべきは、膝上の引き締めや太股裏からお尻にかけての筋を伸ばす動きなどで、呼吸を止めずにリラックスした状態でムリなく行います。

スポンサーリンク