MENU

太股の内側のピリピリした痛みの症状で考えられる病気について

スポンサーリンク

太股の内側がピリピリした痛みある場合の病気について考えます。
この症状で筋肉痛以外の考えられる病気でいくつかあり最も多いのが坐骨神経通です。
坐骨神経痛は腰椎から太股の裏側から足の先まで伸びている坐骨神経が刺激、圧迫されることによる原因で症状が現れる病院です。
この病気の症状で現れやすいのが太股の内側のピリピリした痛みやすねの外側、足先などにも症状が現れます。
坐骨神経の発症するおもな原因では腰椎椎間板ヘルニアによるものや高齢者の場合では腰部脊柱管狭窄によることが多いです。
太股の内側がピリピリした痛みがある場合やまた腰から足にかけて全体的に痛いと感じる場合があります。
またほかの病気では大腿神経痛が考えられます。
大腿神経痛は大腿神経が炎症を起こすことが原因で発症する病気です。
大腿神経痛のものな症状は太股の内側や外側が痛くなったりしびれたりします。
発症の原因は、腰椎疾患で起こる場合が多く履いているズボンの締めつけから大腿神経が圧迫されて発症する場合もあります。

スポンサーリンク

他に考えられる病気では閉鎖神経痛があります。
閉鎖神経痛の症状では太股の内側から膝にかけて痛みやしびれが現れます。
閉鎖神経痛は股関節を構成する神経でもあるためその付け根が痛くなったりする場合もあります。
この閉鎖神経痛は主に高齢の女性に多く発症が多く見られます。
これまであげた病気で多い坐骨神経痛の治療としての薬物療法では痛み止めで非ステロイド性消炎鎮痛薬が処方されます。
十分に痛みが軽減しない場合や症状が膀胱や直腸などに障害が現れたときには手術する場合もあります。
まずは主な症状を軽減、やわらげることを目指すようにします。
日頃からの坐骨神経の発症を予防するにはまず自らの生活習慣をチェックし見直すことが大切です。
日常的に無理なダイエットや過度の運動などには注意が必要です。
日頃から悪い姿勢をとることが多いようであればできるだけ正しい姿勢を保ち、また足や腰の冷えを防ぐ工夫などをして少しでも坐骨神経の発症のリスクを減らしていくよう心がけましょう。

スポンサーリンク