MENU

太股の内側の筋の痛みによる症状と病気について

スポンサーリンク

太股の内側の筋の痛みによる症状で考えられる病気で多いのは坐骨神経痛です。
坐骨神経痛では腰部から足にかけて伸びる坐骨神経があらゆる原因によって刺激、圧迫されることにより症状が現れます。
初期症状では腰部の痛みがでて次第に太股の内側、足先などにしびれや痛みのほか麻痺なども伴い歩行障害になることもあります。
坐骨神経痛の主な原因の多くは腰椎椎間板ヘルニアによるものと加齢ともに多くみられる腰部脊柱管狭窄が原因で発症いたします。
腰部脊柱管狭窄とは腰部のあたりの脊柱管が狭くなることにより神経が刺激、圧迫された状態のことで加齢とともに脊柱管の老化によって狭くなり神経根や馬尾という箇所が圧迫され太股の内側の筋が痛みの症状として現れます。
坐骨神経痛の多くは中高年で見られ、腰部や太股の内側の筋が痛くなったりすねやふくらはぎの張りや締め付け感などの症状が現れます。
このような症状では足の一部分以外にも足全体に強い痛みを伴うこともあります。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の主な治療法では症状を緩和させるために薬物療法を行い、治療以降もしびれなどの症状が減らないときや膀胱や直腸などに障害の症状が現れたときには手術も行うこともあります。
薬物療法の多くは主な症状を緩和させるため非ステロイド性消炎鎮痛薬を処方いたします。
また強い神経の症状には神経障害性疼痛治療薬を筋肉の緊張を緩和し症状を軽減するために筋緊張弛緩剤を、そして血行不良を改善し症状を緩和させるために血管拡張薬などの処方をいたします。
また坐骨神経痛の発症を予防するためには日々の自らの生活習慣をチェック、見直しをすることが大切です。
日常的に悪い姿勢をとっている場合にはなるべく正しい姿勢を保つように心がけ食べ過ぎなどによる肥満にも注意が必要です。
また筋肉の緊張やこわばりを和らげるためにストレッチを行ったり足腰のあたりの冷えなどにも注意してください。
しかし過度のダイエットや過激な運動や必要以上のストレッチなども決して無理をしないようかかりつけの病院の医師によく相談して行いましょう。

スポンサーリンク