MENU

太股裏側の肉離れ予防に有効なキネシオテープのテーピング

スポンサーリンク

太股の裏側は、最も肉離れを起こしやすい場所だと言われています。
太股には、表と裏に筋肉があり、それぞれの筋肉が連動しているのですが、表の方が強い筋肉であり、表の筋肉の力に負けてしまい、裏の筋肉で肉離れを発症してしまうというわけです。
発症するのは概ね、運動をしている時なのですが、発症したら直ちに運動を中止する必要があります。
それが例え大事な試合であっても、中止した方が賢明です。
なぜなら、太股の裏側の肉離れは治りにくく、また、治ったとしても再発率が非常に高いのです。
従って、軽症のうちに運動を中止し、これ以上、ダメージを広げないようにすべきなのです。
中止した後、すべきことは応急処置です。
安静にし、患部をテーピングで固定しつつアイシングをします。
そして、患部を心臓より高い位置にします。
そうすることで、炎症を抑えることができます。
この応急処置をRICE療法というのですが、RICE療法をするかしないかで、その後は大きく違うものとなります。

スポンサーリンク

予防に関してですが、まずは筋力アップです。
太股の筋トレというと表の筋肉の筋力アップが主流となっていますので、積極的に裏の筋肉の筋力がアップする筋トレをする必要があります。
また、柔軟性の欠如が発症原因の1つですので、運動前のウォーミングアップやストレッチを行うことも重要となります。
加えて、予めテーピングをすることも予防には有効です。
但し、テーピングに使用するテープは通常のテープではなく、キネシオという特殊なテープを使用します。
特殊といってもキネシオテープはスポーツ用品店やドラッグストアで市販されていますので、決して入手困難なテープではないのです。
キネシオテープには筋肉と同じくらいの収縮性があり、そのため、筋肉に沿って貼ると筋肉の限界以上の伸びを防止することができますから、肉離れ予防になるというわけです。
従って、運動前に太股の裏側に違和感があるようでしたら、貼っておいた方が良いと言えます。
但し、正しい貼り方をしなければ効果はありませんので、正しい貼り方を会得しておく必要があります。

スポンサーリンク