MENU

太股などがつる原因とその対処法について

スポンサーリンク

太股がつる原因として考えられるのは大まかに分けて2つの原因が考えられます。
1つは筋肉の疲労や神経等の伝達機能の低下といった、肉体疲労からなる原因です。
そしてもう1つは水分不足や電解質の不足といった、栄養不足からなる原因となります。
これらの複数の要因が重なって症状が出る場合も多く、予防のためには普段の生活習慣の見直しなどが必要となります。
太股がつる際のメカニズムは、筋肉の急激な収縮に起因します。
肉体的疲労が積み重なると、疲労物質である乳酸が脳への伝達機能を妨げてしまう場合があります。
正常なサインが送られなくなってしまった脳は、筋肉を急激に収縮させてしまい太股がつってしまうのです。
また栄養が不足してしまったり、バランスが偏ってしまうと、体内のイオンバランスが崩れてしまいます。
脳に必要なイオンが不足してしまうと伝達機能が低下してしまい、以上を感じた筋肉が急激に収縮されてしまうのです。
どちらも充分な睡眠と栄養のある食生活で改善することが可能なので、生活習慣の見直しをおこなって下さい。

スポンサーリンク

太股がつってしまった場合の対処法としては、まずリラックスして体の力を抜くことが重要です。
筋肉の急激な収縮が原因となっているので、力を入れてしまうのは逆効果になります。
痛みを感じない角度や位置を見つけて、つった部位を楽にして下さい。
体がつると咄嗟に揉んだり撫でたりと、マッサージをおこなってしまう場合がありますが、痛みを感じている間にマッサージをおこなうのは筋肉にダメージを与えてしまうので避けて下さい。
肉離れの原因になることもあるので、安易に筋肉を刺激しないよう注意が必要です。
同様につった部位を急に伸ばしたりする行為も控えて下さい。
痛みを感じない位置や角度を見つけたら、ゆっくり少しずつストレッチをおこない、たっぷり時間をかけて伸ばして下さい。
痛みを感じる場合はそこで動きを止めて、痛みが治まるのを待って下さい。
頻繁に症状があらわれる場合は、糖尿病や椎間板ヘルニアの可能性もあるので、病院での診療をおすすめします。

スポンサーリンク