MENU

太股に筋肉痛のような痛みがあるときには

スポンサーリンク

太股に痛みを感じるというときがあります。
とくに激しい運動をしたというような心当たりがないにもかかわらず、このような痛みがあるときには、何か他に原因がある可能性があるので注意が必要となります。
運動をしすぎてしますと、筋肉痛になることがあります。
しかしとくに運動をしていないのに、太股に筋肉痛のような痛みがあるというようなときには、病気の可能性が考えられています。
したがって筋肉痛というように安易に考えないようにします。
太股に筋肉痛のような痛みがあるときには次のような病気の可能性があります。
具体的な病気としては、脊柱管狭窄症やヘルニア、この他にはすべり症などがあります。
普段運動をしていないという人が、急に体を動かしたときには筋肉痛になることがあります。
これは決して珍しいことではありません。
しかし筋肉痛になったときには、2日から3に程度で症状が治まるようになっています。
したがってとくに気にしなければいけないということはありません。

スポンサーリンク

しかし太股に筋肉痛のような痛みがあるというときには、脊柱管狭窄症の可能性があります。
これはどのような特徴があるのかというと、先天的や後天的に脊柱管が狭くなり、その結果脊髄や神経根が圧迫されるようになっています。
太股だけではなく下半身に痛みが発生するようになってしまうという特徴があります。
激しい痛みを伴い、歩くことが難しくなってしまうこともあります。
しかししばらく様子を見ると痛みが軽減されるようになっています。
この他に変形性腰椎症という病気があります。
これはどのような特徴があるのかというと、加齢が原因となっています。
椎間関節や靱帯組織などに変性と呼ばれるような変化が現れるようになっています。
その結果腰に痛みや怠さを感じるようになっています。
症状がひどくなると、太股の裏側にまで痛みが発生するようになっています。
すべり症という症状がありますが、これは脊椎がずれることが原因で発生するようになっています。

スポンサーリンク