MENU

太股の裏のしびれの症状で考えられる病気について

スポンサーリンク

太股の裏側のしびれの症状があらわれる病気では坐骨神経が考えられます。
坐骨神経で腰部から足に伸びている坐骨神経が種々の原因で刺激、圧迫をされて起こり主に太股の裏側の痛みやしびれの症状が特徴です。
はじめは腰痛の症状がでて次第にお尻や太股の裏側、足先などにしびれや痛みが起こりその痛みによる歩行障害が起こることもあります。
この坐骨神経の原因では腰椎椎間板ヘルニアの場合があり、また高齢になるにしたがって腰部脊柱管狭窄が原因で発症することが多いです。
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄に生じる異常が原因で坐骨神経が刺激、圧迫されて腰部から足にかけてそのような症状が起こるのです。
腰部脊柱管狭窄は腰部にある脊柱管が狭くなり神経が刺激、圧迫された状態のことです。
この症状は中高年の人に多く見られこれは脊柱管の老化などが原因で狭くなって神経根や馬尾と呼ばれる箇所が圧迫されて下半身にしびれや痛み、麻痺により歩行障害の症状が現れることもあります。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の症状は足の一部分以外にも足全体に強い痛みの症状がでることもあります。
坐骨神経痛の治療法は主に薬物療法を行い、その後に痛みなどの改善が見られない場合や膀胱や直腸などに障害があらわれた場合には手術を行うこともあります。
薬物療法の多くは症状の痛み止めとして非ステロイド性消炎鎮痛薬を処方したりまた痛みやしびれ、発作的に起こる強い痛みなどの神経の痛みに対しては神経障害性疼痛治療薬を用い、筋肉の緊張を改善するために緊張張弛緩剤、血行を改善するために血管拡張薬を処方します。
坐骨神経痛の発症を予防するためには日頃からの生活習慣をチェック、見直すことが大切です。
日常的に悪い姿勢をとっている場合にはなるべく正しい姿勢を保つようにしたり食べ過ぎによる肥満にも注意が必要です。
また筋肉の緊張やこわばりを防ぐためにストレッチを行ったり体の冷えを防ぐように心がけてください。
しかし過度なダイエットや激しい運動、ストレッチなどは避けるようにできるだけかかりつけの病院の医師にアドバイスを受けながら行うとよいでしょう。

スポンサーリンク