MENU

太股の外側の痛みとランニングについて

スポンサーリンク

太股の外側に痛みを感じるということがあります。
これは運動をしたときなどに感じることが多くなっていますが、とくにランニングを行っているという人が感じるようになっています。
ランニングを始めたばかりの人が、太股の外側に痛みを感じることがありますが、運動不足が原因となって筋肉痛に悩まされているという人も少なくありません。
太股の外側に筋肉痛があるという人がいますが、ここにはいくつかの筋肉があります。
すべての人がバランスよくランニングをすることができるということではありません。
体の傾きや特徴や癖などがあります。
このときに外側に負担がかかりやすいという自覚がある場合には、そのための対策をする必要があります。
痛みを感じるというときには、マッサージやストレッチをするというようになっていますが、これは非常に大切なことです。
しかしこれ以外にも大切なことがあります。
それは毎日のケアということになります。
マッサージやストレッチだけでは痛みを防ぐことができません。

スポンサーリンク

したがって治し方と同時に予防をするということも大切になります。
具体的にはできるだけ体に負担がかからないようにする方法を考えます。
体が外側に傾かないようにするためには、太股の外側と考えているという人がいますが、実際にはそのようなことはありません。
実際にはおしりの外にある筋肉が非常に重要となってきます。
太股の外にある筋肉がここに体が傾かないようにしているということではありません。
おしりの中にある中殿筋が弱いという場合や、しっかりと使うことができないということになると、外の筋肉に大きな負担がかかってしまうということになります。
したがって予防をするためには中殿筋をしっかりと鍛えるということが必要になります。
そして体が外にぶれないようにするということが予防方法の一つとなっています。
この筋肉を鍛えるためには、横をむいて寝て、その状態のままで上側の足を膝をまっすぐに伸ばしたまま天井に向けて開いていくだけです。

スポンサーリンク