MENU

太股の肉離れとストレッチについて

スポンサーリンク

肉離れの症状を引き起こしたときには、患部をストレッチさせるということがありますが、これよりも前に最初に行わなければいけないことがあります。
太股の肉離れが発生したときには、まず患部を安静にして冷やし、圧迫をしながら応急処置を行うということが大切です。
これよりも前にストレッチをしてしまうと、症状がさらに悪化してしまうということがあるので注意が必要となります。
太股の肉離れのストレッチに関しては、症状が順調に回復してきたときに行うようにします。
ここで大切なことは、最初は軽いストレッチから行うということになります。
これは整形外科医の判断によって決めるようにします。
太股だけに限ったことではありませんが、肉離れの場合には、血腫というようなしこりができることがあります。
これは筋組織が固まってしまった状態となっているので、まずはこれをしっかりと取り除く必要があります。
ここではマッサージや電気療法や鍼灸などが行われることがあります。

スポンサーリンク

ここで大切なことは、筋繊維そのものを少しずつ動かしていくということになります。
患部の周りの筋繊維に関しては、断裂をしたときに強く収縮しているということが多くなっています。
したがってここでは患部の周りの筋肉の柔軟性をしっかりと取り戻すということが必要になってきます。
そのために行われているのが関節の可動域を元の状態に戻すということになります。
したがって体をほぐすという運動は、非常に大切なことになります。
このなかでとくに有効な方法となっているのが、スタティックストレッチングというものになります。
これは反動や弾みを付けずに体をほぐす運動となります。
ゆっくりと筋肉を伸ばして静止させるというような動作が基本となっています。
ストレッチは非常に大切なことです。
筋肉や関節の柔軟性を取り戻すことができるだけではなく、血行をよくして血液の循環を整えることもできるという効果が期待できます。
ここで大切なことは、決して無理をしないということになります。

スポンサーリンク