MENU

太股の毛細血管が浮き出て紫色になっていたら

スポンサーリンク

太股の毛細血管が紫色に濃く浮き出ていたら下肢静脈瘤のサインかもしれません。
足のむくみを長期間放置すると、下肢静脈瘤に変化します。
そのまま放置していると下肢静脈瘤の範囲が広がったり、皮膚炎や湿疹色素沈着等の問題も出てきます。
この静脈瘤は目視するだけでコレとわかるような、ぷっくりとした紫色の毛細血管がある場合がほとんどです。
歩く時や眠るときに足がつってしまう人、足に妙なかゆみがある人、足が重くて全身もだるい人は一度太股をチェックしてみるといいでしょう。
この症状が出てからでは注射、もしくはレーザー治療が必要となることもあります。
よって日常的に対策をすることが必要です。
下肢静脈瘤が起きていると、むくみを感じることが多いといいます。
常日頃からむくみに気を付けることが重要です。
そして現状以上に悪化させないためむくみ対策をすることも必要です。
自分のむくみの原因を分析・理解し、対策を講じることが大切です。

スポンサーリンク

むくみの原因となるのは水分滞留や運動不足が主です。
さらに長時間同じような姿勢でいることも悪因となります。
デスクワークの人や、美容師さんなどにも多い症状です。
原因が水分滞留ならば、アルコールや糖分の多いジュースをひかえたり、水分代謝を上げるカリウムの含まれた食材を摂取すると効果的です。
また運動不足・長時間の同一姿勢が原因ならば、毎日こまめに体を動かす習慣をつけることが必要です。
ウォーキングや体操・ストレッチなどをして血流を良くすることが必要です。
さらに血流改善にはビタミンEやポリフェノール、カルコンが効果的だと言われています。
むくみ対策としてマッサージをするときも、足先から太股までの足全体をケアするといいでしょう。
足裏やふくらはぎをリンパの流れを意識してマッサージすると疲労回復も期待できます。
下肢静脈瘤がある人はこの毛細血管の紫色を目立たせないためにも、食生活と運動習慣の見直しと改善をおススメします。

スポンサーリンク