MENU

太股の裏の筋肉の痛みの症状の原因について

スポンサーリンク

太股の裏の筋肉に痛みの症状がある場合、前日にスポーツなどの激しい運動をしたときによく見られます。
ハムストリングという筋肉の痛みでもあります。
おもに太股の裏にある3つの筋肉の総称をハムストリングといいます。
この発症の原因については詳しくはわかっておりませんが基本的に運動などしたときに太股の裏の筋肉が損傷し、治癒する過程で炎症がおこるためと言われております。
その損傷の修復するために白血球などの血液成分により刺激物質ができその刺激により痛みが生じるのです。
また運動することによってできる疲労物質の乳酸が増えることによって、その部分に酸素が十分に送られなくなることも原因のひとつとされております。
そのためおもな症状の改善のためストレッチをすることがよいでしょう。
ストレッチをして太股の裏の患部の血行不良が改善され、毛細血管の中に溜まった乳酸や老廃物が排出されることによって症状が和らぎます。
それでは症状の改善する方法を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

太股の裏の痛みの症状の改善には、その部分にあるハムストリングをストレッチすることによって行います。
まず床に座って足を前に伸ばし指の先でつま先をつけるように前屈をとります。
その時にゆっくり息を吐きながらハムストリングが伸ばしながら体を前方に倒します。
このストレッチは立ちながら行うこともできます。
そのときは立った姿勢でなるべく腕の力を抜いて、腕を下方にダランと垂らしてその腕の指の先で足のつま先につけるように体を前へ倒していきます。
このときにも焦らずゆっくりと息を吐きながら太股の裏の筋肉であるハムストリングを伸ばすようにします。
または血行不良を改善させるためにハムストリング全体をマッサージすることもよいでしょう。
しかし痛みを強く感じる部分を揉んだりしないように注意です。
強く揉むことによって筋繊維の部位の損傷を促してしまうことがあるからです。
優しく軽く擦るように膝から股関節に向かって乳酸や老廃物を押していきましょう。
そのようなストレッチをしていくうちに少しずつ症状が改善していきます。

スポンサーリンク