MENU

太股の裏のだるい症状について

スポンサーリンク

普段同じ姿勢を長くつづける場合が多かったり、日常的に悪い姿勢をとったりして腰などの負担が多いときなどに腰や太股の裏のあたりがだるいなどの違和感を感じたりする症状が現れます。
そのようなときには下半身を動かしたり伸ばしたりすることが症状の改善に役立ちます。
太股はお尻や腰のあたりのいくつかの筋肉でできています。
腰が疲れると腰の負担を支えるお尻や太股の裏がだるい感じがしたり張りの症状がでたりします。
その固くなった太股の裏側を中心にストレッチをしてほぐす事が大切です。
両足を肩幅より少し狭く開けて立ち、一度両腕を上げて伸びをします。
体の余分な力が抜けたら両足で床をしっかりと踏みしめお尻に力をいれます。
下半身をしっかりと安定させた状態で上半身をゆっくり前に倒して90度で止めます。
両腕を脱力させてダランと下げこの状態を少しキープしてからゆっくりと上半身の力を抜いて前屈します。
ゆっくりと背中を丸めながら立ち上がります。
このように普段から腰や太股の裏側がだるいと感じたら、疲労が溜まる前に適度にストレッチを行うように心がけましょう。

スポンサーリンク

またほかの原因について考えてみましょう。
まず食物アレルギーや添加物や化学物質などへのアレルギーが原因の場合があります。
また日常の食生活での偏食で食物繊維の不足や腸内細菌のバランスが崩れ腸の状態が悪化して毒素が発生し、解毒作用を促している肝臓への負担がかかりだるいなどの症状がでることがあります。
また日頃の生活習慣からストレスや睡眠不足など疲労が溜まり体調不良で、免疫力が低下しおもに免疫系の異常が原因でそのような症状がでることもあります。
体調不良で消化能力が低下し栄養が十分に吸収できない状態になり症状として現れます。
また血糖値をうまくコントロールができず症状が現れることもあります。
その場合では糖尿病の可能性も否定できませんのでなるべく早めに病院を受診するように心がけてください。
単に太股の裏側がだるいということは筋肉痛などの原因のほか様々な原因が考えられます。
そのためまず自らの日頃の健康管理をして規則正しい生活を心がけてもし普段と違う違和感を感じたときには十分な休息をとるようにして、状態によって早めにかかりつけの病院を受診するように心がけましょう。

スポンサーリンク