MENU

太股の裏の違和感について

スポンサーリンク

太股の裏に違和感があるというようなことがあります。
このときにはまずどのような運動をしたか、どこかにぶつけていないかというようなことをしっかりと思い出すことが必要になります。
これで原因をしっかりと追求することができるようになっています。
太股の裏に痛みを感じたり突っ張るというような違和感があるというような場合には、何が原因となっているのかが気になります。
ここにはたくさんの筋肉がありますが、メインとなっているのは大腿二頭筋というものになります。
またここにある筋肉の総称は、ハムストリングスと呼ばれるようになっています。
太股の裏側や後ろに力を入れて曲げる運動をするときに使われるという特徴があります。
またこのほかの特徴としては、スポーツなどをするときに肉離れが発生しやすくなっています。
したがってここに違和感があるというようなときには、筋肉が疲れているということが考えられています。
筋肉が疲れると硬くなってしまいます。

スポンサーリンク

筋肉が疲れて硬くなってしまうと、突っ張ったような感じがしたり、急に伸ばされるということで肉離れが発生するようになっています。
これが必ずしも原因となっているということではありませんが、その一つとして考えられています。
筋肉というのは、関節を通して骨と骨とについているという特徴があります。
したがって筋肉が縮んだり伸びたりして関節の曲げ伸ばしをすることができるようになっています。
骨格にとくにゆがみがないというようなときには、筋肉が休まることができればとくに問題が発生するということはありません。
したがって少し疲れがあっても回復が早くなっています。
しかし骨格にゆがみがあり、筋肉がついている骨の位置がずれていれば問題が発生してしまうのです。
骨格や筋肉の付き方によって、運動などをするときに力を発揮しやすい状態というのが変わってきます。
したがって骨盤の左右のバランスを考えながら、筋肉の張り具合もあわせていくようになっています。

スポンサーリンク